コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引っ張る ヒッパル

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐ぱ・る【引っ張る】

[動ラ五(四)]《「ひきはる」の音変化》
引いて、ぴんと張った状態にする。「綱を―・る」
電線などを長く張りわたす。また、導管・路線などをある場所まで延長する。「電話線を―・る」「給水管を家まで―・る」
物の一部を持って自分の方へ強く引く。また、引き寄せる。「缶のタブを―・って開ける」「袖を―・って合図をする」
(車両などを)強く引いて前へ進める。牽引(けんいん)する。「三〇両もの貨車を―・って走る」
先に立って人を自分のめざす方へ導く。「リーダーとなって仲間を―・ってゆく」
人をある場所へ連れて行く。また、連行する。「方々―・って歩く」「警察に―・られる」
仲間になるように強く誘う。誘い入れる。「優秀な技術者を―・る」「野球部に―・る」
長引かせたり遅らせたりする。引き延ばす。「たまった借金を―・っておく」「策を弄して審議を―・る」
発音を長くのばす。「語尾を―・る」
10 引用する。「例を―・ってきて説明する」
11 野球で、投手の球を思いきり打って、右打者はレフト方向、左打者はライト方向へ飛ばす。「外角球を強引に―・る」⇔流す
12 着る。ひっかける。
「着物らしい着物を―・っていたこともなく」〈秋声・足迹〉
13 磔(はりつけ)にする。
「木の空(=磔柱)に―・らるるは今のこと」〈浄・博多小女郎
[可能]ひっぱれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっぱる【引っ張る】

( 動五[四] )
〔「ひきはる」の転〕
伸ばして線状にする。
強く引いて、たるまないようにする。 「綱を-・る」
ロープ・電線などを長く張り渡す、また、鉄道・水道管などを自分の方に延長する。ひく。 「電話線を-・る」 「新幹線を-・る」
物を手前に引く。
物や体の一部を持って手前に強く引く。 「ドアのノブを強く-・る」 「袖を-・る」
車両などを牽引けんいんする。引く。 「機関車が貨車を-・って走る」 「故障車を-・る」
他人を従わせる。
人を統率する。 「クラスを-・って行く」
他人をある場所へ連れてゆく。 「あちこち-・って歩く」
他人に働きかけて、自分たちのグループの一員にする。 「評判の投手を自分の球団に-・る」 「仲間に-・られて参加する」
警官などが連行する。多く、受身の形で用いる。 「警察に-・られる」 「門外へ引出いて庁の下部に-・られて/平家 5
その状態を保ち続ける。また、遅らせる。 「返事を-・って気をもたせる」
発音を、本来よりも長くのばす。引く。 「語尾を-・って発音する」
引用する。ひく。 「他人の論文の一節を-・ってきて自説を補強する」
着る。かぶる。 「綿入れの一枚も-・らせる算段/平凡 四迷
[可能] ひっぱれる
[慣用] 足を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

引っ張るの関連キーワードチョッパー・ベース[slapping]チョーキング[bending]起業家教育普及促進事業タンクバンカーマントーイング釜山国際映画祭ターンバックルブーケプルズトラクション引き手・引手引っ張り込む液晶ポリマー引き綱・引綱梶棒・舵棒ティラミスヤハズソウ引き攀づケイリンラビットドラッグ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引っ張るの関連情報