(読み)ウ

デジタル大辞泉の解説

う【憂】

形容詞「う(憂)し」の語幹》つらいこと。憂いこと。
「とりとむる物にしあらねば年月をあはれあな―と過ぐしつるかな」〈古今・雑上〉
[補説]多く、「あなう」「こころう」などの形で用いられる。

ゆう【憂】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユウ(イウ)(漢) ウ(呉) [訓]うれえる うれい うい
物思いに沈む。心配する。心配事。うれい。「憂鬱(ゆううつ)憂国憂愁憂慮杞憂(きゆう)同憂内憂忘憂一喜一憂先憂後楽
喪(も)。「大憂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

う【憂】

〔形容詞「うし」の語幹。多く、「あなう」「こころう」など、他の語と複合して用いられる〕
つらいこと。悲しいこと。 「あはれあな-とすぐしつるかな/古今 雑上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憂の関連情報