憶測・臆測(読み)おくそく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 自分の心だけでいい加減におしはかること。あて推量。不確実な推測。〔音訓新聞字引(1876)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一一「是れ婢の憶測敢て信ずるに足らず」 〔後漢書‐李通伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android