コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造改革[イタリア] こうぞうかいかく[イタリア]

1件 の用語解説(構造改革[イタリア]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造改革[イタリア]
こうぞうかいかく[イタリア]

イタリア共産党の指導者 P.トリアッチが唱道した先進資本主義国における革命戦略論であり,1956年イタリア共産党大会の宣言によって採択されたものである。その背景には A.グラムシの思想がある。構造改革は資本主義社会の内部にブルジョアジーに挑戦する反資本主義的な「陣地戦」の拠点を構築し,ブルジョア・ヘゲモニーに対して介入政策をとることで,社会主義的変革への諸条件を形成しうるというものである。この構造改革論はおりからの非スターリン化の波に乗り,西ヨーロッパを中心としたマルクス主義者の多くに受入れられ,ロシア的な正統派マルクス主義に対しても,また第2インター系の改良主義的な社会民主主義に対しても独立性を主張することができた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone