構造改革[イタリア](読み)こうぞうかいかく[イタリア]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造改革[イタリア]
こうぞうかいかく[イタリア]

イタリア共産党の指導者 P.トリアッチが唱道した先進資本主義国における革命戦略論であり,1956年イタリア共産党大会の宣言によって採択されたものである。その背景には A.グラムシの思想がある。構造改革は資本主義社会の内部にブルジョアジーに挑戦する反資本主義的な「陣地戦」の拠点を構築し,ブルジョア・ヘゲモニーに対して介入政策をとることで,社会主義的変革への諸条件を形成しうるというものである。この構造改革論はおりからの非スターリン化の波に乗り,西ヨーロッパを中心としたマルクス主義者の多くに受入れられ,ロシア的な正統派マルクス主義に対しても,また第2インター系の改良主義的な社会民主主義に対しても独立性を主張することができた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android