横手[市](読み)よこて

百科事典マイペディアの解説

横手[市]【よこて】

秋田県南東部,横手盆地と東西丘陵地を占める市。1951年市制。中心市街は雄物川の支流旭川渓口集落から発達,江戸時代は佐竹氏の一族戸村氏の城下町であった。古くから市が開かれ,周辺農村地帯の中心をなし,米作,リンゴ,ブドウ栽培が盛んである。奥羽本線,秋田自動車道が通じ,北上線が分岐する交通の要地で,県内では秋田市に次ぐ商業都市であり,自動車部品,電気機器などの工場もある。かまくら梵天(ぼんてん)などの行事は有名。2005年10月平鹿郡十文字町,大森町,雄物川町,平鹿町,増田町,山内村,大雄村を編入し,市役所を横手駅西方へ新設した。692.80km2。9万8367人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よこて【横手[市]】

秋田県南東部,横手盆地東部にある市。1951年市制。人口4万1462(1995)。市域西部は雄物川支流の横手川(旭川)沿いの沖積平野で,水田が広がるが,東部は真昼山地南部に連なる山地,丘陵地である。中心市街の横手は旭川の谷口集落として発達し,江戸時代には右岸の内町(武家町)と左岸の外町(町人町)に分かれ,外町では3・5・8・10の日の十二斎市が開かれ,馬市も開かれた。定期市は明治末年には県公認の常設市場となり,今も朝市が開かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android