混沌・渾沌(読み)こんとん

大辞林 第三版の解説

こんとん【混沌・渾沌】

( トタル ) [文] 形動タリ 
天地創造の神話で、天と地がまだ分かれず、まじり合っている状態。カオス。 「 -たる宇宙/社会百面相 魯庵
入りまじって区別がつかず、はっきりしないさま。 「勝敗の行方は-としている」 「敗戦直後はすべてが-の中にあった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こん‐とん【混沌・渾沌】

〘名〙 (形動ナリ・タリ)
① 大昔、天と地とがまだ分かれていない状態。
※本朝文粋(1060頃)三・松竹〈藤原広業〉「濛昧混沌之中。一雞初生二三」 〔淮南子‐詮言訓〕
② 物事の区別がはっきりしないこと。また、そのさま。もやもやしている状態。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「無為渾沌にして人事少なき世に在ては」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉新詩人「斯の如き混沌たる宇宙に漂ふて津涯(しんがい)を知る能はざる我々人間は」
③ 事態が流動的で、どう結着がつくかわからないさま。
④ 「荘子‐応帝王」に見える太古の伝説上の中央の神。耳、目、口、鼻の七孔がなかったので、南海・北海の神が七日で七孔をうがったところ、死んでしまったという。転じて、いらざる世話をしてそのものを害することにいう。
※翁問答(1650)下「一向に世人の誉をもとめて、徳性の養をたちすて、混沌(コントン)の死する事をしらざること、恰も楚女の寵愛をもとめて餓死したるに似たる故に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android