コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼山(新潟) やけやま

百科事典マイペディアの解説

焼山(新潟)【やけやま】

新潟県南西部,富士火山帯北端にそびえる成層火山。標高2400m。妙高火山群に属する活火山で,新第三紀層を基盤とする安山岩からなる。火口の北側は破壊され,北斜面には泥流堆積物による賽河原(さいのかわら)の平たん地が形成されている。山麓笹倉温泉が登山口。現在でも噴気を上げており,近年入山を規制したこともあるなど活動は活発で,気象庁が常時観測している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

焼山(新潟)の関連キーワード火打山登山届

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼山(新潟)の関連情報