コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西海[町] さいかい

4件 の用語解説(西海[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

西海[町]【さいかい】

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡,西彼杵半島北部の旧町。面高(おもだか),七釜(ななつがま)など小集落が散在,溶岩台地で畑作,川内浦で真珠養殖行われる。横瀬浦は長崎開港以前の海外貿易地として有名。

西海[町]【にしうみ】

愛媛県南端,南宇和郡の旧町。宿毛(すくも)湾の北側,屈曲の多い半島と付近の島々を占める。水産業が主で,主集落の船越は地峡部にある小漁港。リアス式の海岸は足摺宇和海国立公園の一部。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいかい【西海[町]】

長崎県中部,西彼杵(にしそのぎ)郡の町。人口9236(1995)。西彼杵半島の最北端に位置し,東は佐世保湾,西は呼子ノ瀬戸に面する。町の大半は第三紀層の準平原面上に広がる玄武岩台地で,段々畑が続く。佐世保湾に臨む横瀬浦は,1562年(永禄5)に領主大村純忠によって開港され,ポルトガルとの交易地として栄えたが,翌年の反純忠派家臣団のクーデタで町や教会は焼打ちにあい,衰退した。主産業は農業で,ミカン栽培,畜産が盛んである。

にしうみ【西海[町]】

愛媛県南端,南宇和郡の町。人口3684(1995)。宇和海南部に突出した半島部と鹿(か)島,横島などの島嶼(とうしよ)からなる。海岸線は屈曲に富んだリアス海岸で,中央には権現山(491m)があり,全域が急傾斜地となっている。ハマチ,真珠の養殖,カツオ一本釣りを主とした漁業を主産業とするが,観光開発も進む。中心集落は半島基部にある船越。半島北西岸にある外泊(そとどまり)は冬の季節風を防ぐため高い石垣で囲まれ,石垣集落として著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西海[町]の関連キーワード日振島伊方宇和島誠心伊方きらら館日吉夢産地みま浅海友市清家吉次郎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone