コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西海[町] さいかい

百科事典マイペディアの解説

西海[町]【さいかい】

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡,西彼杵半島北部の旧町。面高(おもだか),七釜(ななつがま)など小集落が散在,溶岩台地畑作,川内浦で真珠養殖が行われる。横瀬浦は長崎開港以前の海外貿易地として有名。砕屑(さいせつ)丘の虚空蔵(こくぞう)山頂は,展望にすぐれ,琴平神社がある。南部に七釜鍾乳洞天然記念物)がある。2005年4月西彼杵郡西彼町,大島町,崎戸町,大瀬戸町と合併し市制,西海市となる。67.23km2。9229人(2003)。

西海[町]【にしうみ】

愛媛県南端,南宇和郡の旧町。宿毛(すくも)湾の北側,屈曲の多い半島と付近の島々を占める。水産業が主で,主集落の船越は地峡部にある小漁港。リアス式の海岸は足摺宇和海国立公園の一部。宇和島市からバス。2004年10月南宇和郡御荘町,城辺町,一本松町,内海村と合併し,南宇和郡愛南町となる。21.80km2。3300人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいかい【西海[町]】

長崎県中部,西彼杵(にしそのぎ)郡の町。人口9236(1995)。西彼杵半島の最北端に位置し,東は佐世保湾,西は呼子ノ瀬戸に面する。町の大半は第三紀層の準平原面上に広がる玄武岩台地で,段々畑が続く。佐世保湾に臨む横瀬浦は,1562年(永禄5)に領主大村純忠によって開港され,ポルトガルとの交易地として栄えたが,翌年の反純忠派家臣団のクーデタで町や教会は焼打ちにあい,衰退した。主産業は農業で,ミカン栽培,畜産が盛んである。

にしうみ【西海[町]】

愛媛県南端,南宇和郡の町。人口3684(1995)。宇和海南部に突出した半島部と鹿(か)島,横島などの島嶼(とうしよ)からなる。海岸線は屈曲に富んだリアス海岸で,中央には権現山(491m)があり,全域が急傾斜地となっている。ハマチ,真珠の養殖,カツオ一本釣りを主とした漁業を主産業とするが,観光開発も進む。中心集落は半島基部にある船越。半島北西岸にある外泊(そとどまり)は冬の季節風を防ぐため高い石垣で囲まれ,石垣集落として著名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android