尊厳(読み)そんげん

精選版 日本国語大辞典「尊厳」の解説

そん‐げん【尊厳】

〘名〙
① (形動) 尊くおごそかなこと、重々しくいかめしいこと。また、そのさま。
※日本書紀桃源抄(15C後)「吾が君彦火々出見尊の粧の尊厳なるには不可比ぞ」 〔荀子‐致士〕
② (━する) =そんけい(尊敬)
※古活字本毛詩抄(17C前)一八「天下の者が天子を尊厳するよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尊厳」の解説

そん‐げん【尊厳】

[名・形動]とうとくおごそかなこと。気高く犯しがたいこと。また、そのさま。「人間の尊厳を守る」
「其―なる爵位にふさわしい世継ぎが出来たのを」〈若松訳・小公子
[派生]そんげんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android