尊厳(読み)そんげん

精選版 日本国語大辞典「尊厳」の解説

そん‐げん【尊厳】

〘名〙
① (形動) くおごそかなこと、重々しくいかめしいこと。また、そのさま。
※日本書紀桃源抄(15C後)「吾が君彦火々出見尊の粧の尊厳なるには不可比ぞ」 〔荀子‐致士
② (━する) =そんけい(尊敬)
※古活字本毛詩抄(17C前)一八「天下の者が天子を尊厳するよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「尊厳」の解説

【尊厳】そんげん

尊く厳か。〔子、致士〕師に四り。而しては焉(こ)れに與(あづか)らず。嚴にして憚らるる、以て師と爲るべし。~を知りて論ず、以て師と爲るべし。

字通「尊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android