金刀比羅(ことひら)神社

デジタル大辞泉プラスの解説

金刀比羅(ことひら)神社

北海道根室市にある神社。1806年創祀。祭神大物主神(おおものぬしのかみ)、事代主神(ことしろぬしのかみ)、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)。

金刀比羅神社

和歌山県西牟婁郡白浜町にある神社。1836年、讃岐の金毘羅大権現を勧進して創建と伝わる。祭神は大己貴命事代主命など。明治以降の神社合祀令により一時は廃社となったが、村民有志の運動により復社した。国指定名勝「南方曼陀羅の風景地」の構成地のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android