コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『今昔物語集』 コンジャクモノガタリシュウ

とっさの日本語便利帳の解説

『今昔物語集』

平安後期の説話集。全三一巻。作者、編者は未詳。一二世紀初めから半ばの成立と考えられる。天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(日本)の三部構成で、それぞれ仏法、世俗の部に分かれる。仏教的世界観、世界像のもと、一一〇〇余の説話を組織的に配置。人物描写にも優れ、芥川龍之介など近代文学者に多くの材源を提供した。各話が「今は昔」で始まる。和漢混交文の先駆。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『今昔物語集』の関連キーワード京都府京都市左京区吉田本町『宇治拾遺物語』日本童話宝玉集宇治大納言物語からくり人形小野喬木の娘古本説話集ジャータカ藁しべ長者百済河成久米仙人世継物語芳賀矢一藁稭長者藤原国経運定め話藤原清廉雅言集覧今昔物語陸奥話記

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android