きりきりしゃん(読み)キリキリシャン

デジタル大辞泉の解説

きりきり‐しゃん

[副]身支度にすきがなく、かいがいしいさま。きりりしゃん。「きりきりしゃん(と)台所に立つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きりきりしゃん

( 副 )
身ごしらえ・振る舞いなどにたるみや無駄がなく、見ていて気持ちのよいさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きりきり‐しゃん

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 身なりなどがきちんとしていて、立居振舞に一分のむだもなく、かいがいしいさまを表わす語。きりりしゃんきりりちゃん。
※浄瑠璃・日本武尊吾妻鑑(1720)五「きりきりしゃんと、鉢巻・小褄引しめて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android