しゃっきり

精選版 日本国語大辞典「しゃっきり」の解説

しゃっきり

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 直立するさま、ぴんとつっぱっているさま、硬直するさまなどを表わす語。
狂歌古今夷曲集(1666)九「しゃっきりとのりけのあるをかぶれるはほんの頭巾なるべし」
② 人の姿、態度がしっかりしているさまを表わす語。
※八帖花伝書(1573‐92)七「子にあはぬさきは、しゃっきりとはやすべし」
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「腰もしゃっきりとして」
気持がぴんと張りきっているさま、気持がしっかりして、力がこもっているさまを表わす語。
※浄瑠璃・七小町(1727)三「生姜の一片(ひとへぎ)入る手間で、小町を一切れ喰したら、しゃっきりと気が成て」
④ かたくて歯切れのよい感じの音を表わす語。
※雑俳・銭ごま(1706)「しゃっきりと・小豆俵のさしの音」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しゃっきり」の解説

しゃっきり

[副](スル)
ぴんと張っているさま。気持ち・態度・姿勢などがしっかりしているさま。「しゃっきり(と)背筋を伸ばす」「もっとしゃっきりしなさい」
歯ざわりがよいさま。また、みずみずしいさま。しゃきしゃき。「しゃっきり(と)した食感」「葉野菜をしゃっきりさせる」
[類語]確りしゃきっとしゃんと確かがばとがばっとむっくとむっくりむくりすっくついとすいとつとすっとさっとぱっとぴんしゃんぴんぴんしゃんしゃん不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう老健健やか強い元気健康丈夫無病息災無事健勝清勝壮健健全達者まめつつがない息災強壮強健頑健矍鑠かくしゃく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android