リチャードソン(読み)りちゃーどそん(英語表記)Robert C. Richardson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リチャードソン(Robert C. Richardson)
りちゃーどそん
Robert C. Richardson
(1937―2013)

アメリカの実験物理学者。ワシントンDC生まれ。ワシントン・リー高校を卒業して、1954年にバージニア科学技術専門学校に入学。最初は電気技師を志すが、キルヒホッフの法則に基づいた図面を書くだけの授業に辟易(へきえき)する。化学への転向を試みるが、結局は物理学専攻を決める。将来はビジネスの世界に入ることを漠然と考えていたが、物理学の勉強が足りないと感じて1年残って修士号を取得。さらにデューク大学に進んで、1965年に博士論文を書き上げた。1967年にコーネル大学の原子固体物理学研究所に参加。ここで研究者として働いていた1972年、ヘリウム3を絶対零度(-273.15℃)近くの極低温にしたときに現れる「超流動」という現象を、D・リー、大学院生のD・オシェロフとともに発見した。ヘリウム3を極低温に冷却すると、原子や分子などのミクロの世界が従う量子力学の法則に、ヘリウム3がマクロのまま従うようになる。これが超流動で、この状態のとき、コップの中のヘリウムがコップの壁を伝って自然に外へ這(は)うように流れ出る現象が観測される。1990年に原子固体物理学研究所の所長となる。ヘリウム3の超流動の発見で、リー、オシェロフと1996年のノーベル物理学賞を共同受賞した。[馬場錬成]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リチャードソンの関連情報