一寸した(読み)チョットシタ

デジタル大辞泉 「一寸した」の意味・読み・例文・類語

ちょっと‐した【一寸した】

[連体]
大したことではない。わずかな。「一寸したおみやげがある」「一寸したアイデア」
かなりの。なかなかの。「一寸した名士として通っている」
[類語]些細瑣末枝葉枝葉末節末梢的些事細事小事細かい細細こまごましい煩瑣はんさ瑣瑣ささたる区区くくたる取るに足りないたわいない何でもない愚にもつかぬ益体も無いらちも無い高が知れる二次的二義的副次的些些ささささやかわずか幾ばくたかがいささかほんの有るか無きかちょっと一縷いちる一抹些少さしょう末節無駄事雑事微微つまらない無意味下らない問題外部分的派生的卑小眇眇びょうびょうよし無いトリビアル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「一寸した」の意味・読み・例文・類語

ちょっと【一寸】 した

  1. 物事がわずかで、大げさでないさまをいう。ささやかな。わずかな。ちとした。ちょいとした。
    1. [初出の実例]「ちょっとしたもやもやが互にふかふ成てきて、のぼる程にける程に、まんまと京迄のぼりつめて」(出典:浄瑠璃・松風村雨束帯鑑(1707頃)三)
  2. ( を逆説的に用いて ) 最高級とは言いかねるが、とるに足りないものではない、という気持を示す。かなりの。相当の。ちょいとした。
    1. [初出の実例]「一寸した論五分五分の虫のわざ」(出典:雑俳・十八公(1729))
    2. 「一寸したよそ行きの着物を」(出典:桑の実(1913)〈鈴木三重吉〉四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android