一寸した(読み)ちょっとした

精選版 日本国語大辞典「一寸した」の解説

ちょっと【一寸】 した

① 物事がわずかで、大げさでないさまをいう。ささやかな。わずかな。ちとした。ちょいとした。
浄瑠璃・松風村雨束帯鑑(1707頃)三「ちょっとしたもやもやがにふかふ成てきて、のぼる程にける程に、まんまと京迄のぼりつめて」
② (①を逆説的に用いて) 最高級とは言いかねるが、とるに足りないものではない、という気持を示す。かなりの。相当の。ちょいとした。
雑俳・十八公(1729)「一寸した論五分五分ののわざ」
(1913)〈鈴木三重吉〉四「一寸したよそ行きの着物を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一寸した」の解説

ちょっと‐した【一寸した】

[連体]
大したことではない。わずかな。「一寸したおみやげがある」「一寸したアイデア」
かなりの。なかなかの。「一寸した名士として通っている」
[類語]些細瑣末枝葉枝葉末節末梢的些事細事小事細かい細細こまごましい煩瑣はんさ瑣瑣ささたる区区くくたる取るに足りないたわいない何でもない愚にもつかぬ益体も無いらちも無い高が知れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android