聊か(読み)イササカ

デジタル大辞泉「聊か」の解説

いささ‐か【×聊か/×些か】

[形動][文][ナリ]
数量・程度の少ないさま。ほんの少し。わずか。「―な蓄えはある」「―なりともお役に立ちたい」
かりそめであるさま。ついちょっと。
「―に思ひて来しを多祜たこの浦に咲ける藤見て一夜経ぬべし」〈・四二〇一〉
(多く「いささかに」の形で、打消しに呼応して用いる)少しも。
「―に知りたる人もなければ」〈今昔・二七・一五〉
[副]
少し。わずかばかり。「この問題は―難しい」「―所見を述べる」「気勢に押されて―たじろいだ」
(あとに打消しの語を伴って)少しも。ちっとも。→いささかも
「―さりげもなく」〈・二五〉
[類語]ささやか少ない心ばかり印ばかり形ばかり少し少しく少少ちょっとちょいとちとちっとちょっぴりいくらかいくぶんやや心持ち気持ち多少若干二三少数少量僅僅わずか数えるほどたったただたかだかしばらくなけなし低い手薄少なめ内輪軽少軽微微弱微微微少僅少些少最少微量ちびちび一つまみ一握り一抹一息紙一重雀の涙鼻の差残り少ないちょこっとちょこんとちょっこりちょびちょびちょびっとちょぼちょぼちょろりちょんびりちょんぼりちらり爪の垢小口ささやか寸毫プチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android