一縷(読み)いちる

精選版 日本国語大辞典「一縷」の解説

いち‐る【一縷】

〘名〙 本の糸すじ。また、そのように細くわずかなもの。転じて、きわめてわずかなつながり、おぼつかないさま、絶えようとするさまなどのたとえにも用いる。
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「龍もし一縷をうれば、三熱をまぬかる」
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉下「一の希望を夫に繋ぎながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一縷」の解説

いち‐る【一×縷】

1本の糸。また、そのように細いもの。
「船は―の黒烟を波上に残し」〈鉄腸南洋の大波瀾〉
ごくわずかであること。ひとすじ。「一縷望みを残す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android