一縷(読み)いちる

精選版 日本国語大辞典「一縷」の解説

いち‐る【一縷】

〘名〙 一本のすじ。また、そのように細くわずかなもの。転じて、きわめてわずかなつながり、おぼつかないさま、絶えようとするさまなどのたとえにも用いる。
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「龍もし一をうれば、三熱をまぬかる」
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉下「一縷の希望を夫に繋ぎながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一縷」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「一縷」の解説

【一縷】いちる

ひとすじの糸。漢・枚乗〔書を上(たてまつ)りて呉王を諫むる書〕夫(そ)れ一縷のを以て、千鈞重き(か)く。~甚だ愚なるの人と雖も、ほ其の將(まさ)にえんとするを哀しむを知る。

字通「一」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android