コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有るか無きか アルカナキカ

デジタル大辞泉の解説

あるか‐なきか【有るか無きか】

[連語]
あるのかないのかわからないほどに、かすかなようす。また、存在が意識されないほど存在価値のないようす。「有るか無きかの傷」「会社では有るか無きかの人物だが」
存在するかしないか。
「あやまちの―を知らぬ身はいとふに似たる心地こそすれ」〈拾遺・雑恋〉
生きているのかどうかわからないほど衰えているようす。
「―に消え入りつつものし給ふを」〈桐壺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あるかなきか【有るか無きか】

あると言えば言えるが、ほとんどないと言ってよいほどはかないさま。たよりないさま。弱々しいさま。 「かげろふの-にけぬる世なれば/後撰 雑二
存在するかしないか。 「思ふべきわが後の世は-なければ/新古今 雑下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有るか無きかの関連キーワード後の世謙遜

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android