コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僅か ハツカ

3件 の用語解説(僅かの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はつ‐か【僅か】

[形動ナリ]物事の一端がちらりと現れるさま。視覚や聴覚に感じられる度合いの少ないさま。かすか。ほのか。
「初雁の―に声を聞きしより中空(なかぞら)にのみ物を思ふかな」〈古今・恋一〉

わずか〔わづか〕【僅か/×纔か】

[形動][文][ナリ]
数量・程度・価値・時間などがほんのすこしであるさま。副詞的にも用いる。「―な金の事でいがみ合う」「―な食料しかない」「―に制限重量をオーバーする」「ここから―10分の距離」
(多く「わずかに」の形で用いて)そうするのがやっとであるさま。かろうじて。「―に記憶している」「―に難を逃れた」
ささやかで粗末なさま。
「―なる腰折文つくることなど習ひ侍りしかば」〈・帚木〉
[用法]わずか・かすか――「わずかな(かすかな)痛み」「わずかに(かすかに)息をしている」など、程度が少ない意では相通じて用いられる。◇「わずか」は数量・価値・時間など具体的な事柄について多く使う。「わずかなすき間」「わずかなことが原因で対立する」「乗り換え時間はわずか5分しかない」◇「かすか」は色・音・匂いなど感覚的な事柄について使うことが多い。「かすかに助けを呼ぶ声がする」「ほおにかすかな赤みがさす」「かすかに香水が匂う」◇「わずかな記憶」は断片的に残る記憶であり、「かすかな記憶」は、あいまいなはっきりしない記憶である。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつか【僅か】

( 形動ナリ )
視覚や聴覚に感じられる程度がごく少ないさま。わずか。ほのか。 「初雁の-に聞きし言づても雲路に絶えて侘ぶるころかな/新古今 恋五

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

僅かの関連情報