コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下田[市] しもだ

百科事典マイペディアの解説

下田[市]【しもだ】

静岡県南東部,伊豆半島の南端にある市。1971年市制。下田港を中心に発達,伊豆急行の終点。港は東西海上交通の要港で,江戸時代には下田奉行が置かれ,1854年開港後米総領事ハリスヒュースケンとともに市内玉泉寺に滞在し,日米外交の舞台となった。
→関連項目浦賀番所下田条約下田奉行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもだ【下田[市]】

静岡県,伊豆半島南東部にある市。1971年市制。人口2万9103(1995)。下田の地名の由来は,本郷(旧稲生沢(いのうざわ))に対して下手の海辺にあたり,〈低田〉の意味から〈下田〉になったといわれる。稲生沢川河口の下田港は江戸と大坂を結ぶ航路の要衝にあり,回船の風待港,避難港として重視され,江戸時代には下田奉行所が置かれた。1854年(安政1)日米和親条約の締結によって開港場となり,59年の閉鎖まで下田は日本外交の中心となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下田[市]の関連キーワード蓮台寺[温泉]唐人お吉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android