コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下田[市] しもだ

2件 の用語解説(下田[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

下田[市]【しもだ】

静岡県南東部,伊豆半島の南端にある市。1971年市制。下田港を中心に発達,伊豆急行の終点。港は東西海上交通の要港で,江戸時代には下田奉行が置かれ,1854年開港後米総領事ハリスヒュースケンとともに市内玉泉寺に滞在し,日米外交の舞台となった。
→関連項目浦賀番所下田条約下田奉行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもだ【下田[市]】

静岡県,伊豆半島南東部にある市。1971年市制。人口2万9103(1995)。下田の地名の由来は,本郷(旧稲生沢(いのうざわ))に対して下手の海辺にあたり,〈低田〉の意味から〈下田〉になったといわれる。稲生沢川河口の下田港は江戸と大坂を結ぶ航路の要衝にあり,回船の風待港,避難港として重視され,江戸時代には下田奉行所が置かれた。1854年(安政1)日米和親条約の締結によって開港場となり,59年の閉鎖まで下田は日本外交の中心となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone