コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下田[町] しもだ

百科事典マイペディアの解説

下田[町]【しもだ】

青森県東部,上北郡の旧町。八戸(はちのへ)市と三沢市の間にあり,東北本線が通じる。大部分は標高50m以下の台地で,米を産するほか,野菜栽培も行う。八戸市の近郊住宅地としても発展しつつある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもだ【下田[町]】

青森県東部,上北郡の町。人口1万1100(1995)。三本木原台地の南東部を占め,三沢市の南,八戸市の北に接する。町の南部を奥入瀬(おいらせ)川が東流し,川沿いの狭い沖積地を除き大部分が標高30~50mの洪積台地からなる。台地は古くから南部駒の産地として知られたが,第2次大戦後は衰退した。木ノ下にある気比神社は馬を飼う農家の信仰が厚く,毎年旧暦6月1日,15日の大祭には絵馬を奉納する信者でにぎわう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

下田[町]の関連キーワード八戸[市]三沢[市]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android