コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢(1) いせ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢(1) いせ

?-? 平安時代前期-中期の女官,歌人。
貞観(じょうがん)17年(875)ごろの生まれ。寛平(かんぴょう)のはじめ宇多天皇の女御(にょうご)藤原温子(おんし)につかえ,皇子を生む。温子の死後,敦慶(あつよし)親王との間に娘の中務(なかつかさ)をもうけた。歌は「古今和歌集」などの勅撰集に184首おさめられている。三十六歌仙のひとり。天慶(てんぎょう)元年(938)以降に没したらしい。家集に「伊勢集」。
【格言など】難波潟(なにはがた)短き葦(あし)のふしの間(ま)も逢(あ)はでこの世を過ぐしてよとや(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊勢(1)の関連キーワード忍ぶ捩ぢ摺り・信夫捩ぢ摺り忍ぶ摺り・信夫摺り知る・領るはしたない思ほえず忍・荵昔人初冠

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊勢(1)の関連情報