コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八代[市] やつしろ

百科事典マイペディアの解説

八代[市]【やつしろ】

熊本県西部の市。1940年市制。八代平野南半や南東部の山地を占め,八代海に臨む。中心市街は球磨(くま)川に沿う城下町として発達。明治中期以降急速に工業化が進み,セメント,化繊,醸造などの大工場が立地し,港湾も数次の拡充工事で整備され,1964年新産業都市に指定された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やつしろ【八代[市]】

熊本県中南部,八代海に臨む市。1940年市制。人口10万7709(1995)。市街地は球磨川下流の扇状地性三角州上に発達する。産島(うぶしま)などには縄文~弥生時代の遺跡,東部山麓に古墳が分布し,古代に興善寺,妙見宮が創建された。八代の町は妙見下宮(現,八代神社)の門前町から起こり,地名もこの社(やしろ)に由来するという。八代の名は《日本書紀》に見え,《和名抄》には〈夜豆志呂〉と訓じられている。南北朝時代名和氏によって古麓(ふるふもと)城と呼ばれる山城が築かれ,その後,相良(さがら)氏が城郭と城下町を拡張した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の八代[市]の言及

【熊本[県]】より

…天草,五家荘は1868年(明治1)閏4月富岡県,6月天草県となり,8月長崎府(のち長崎県)に編入された。71年廃藩置県を経て11月府県統廃合の際,熊本県下の下益城(しもましき),宇土,芦北,八代(やつしろ)の4郡と人吉県および長崎県の天草郡をあわせて八代県が新設された。またこの時熊本県に含まれていた豊後3郡が新置の大分県に,人吉県管轄の椎葉山諸村が美々津県に移管された。…

※「八代[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八代[市]の関連キーワード日奈久[温泉]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android