コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副腎皮質ホルモン剤 ふくじんひしつホルモンざい

百科事典マイペディアの解説

副腎皮質ホルモン剤【ふくじんひしつホルモンざい】

慢性副腎皮質不全症(アディソン病)治療に使用するほか,このホルモンの多様な効果が医薬として利用される。たとえば慢性関節リウマチなどの膠原(こうげん)病気管支喘息や薬物アレルギーなどのアレルギー疾患,自己免疫溶血性貧血などの血液疾患,潰瘍(かいよう)性大腸炎などの消化器疾患,亜急性甲状腺炎などの内分泌疾患などである。
→関連項目維持療法クローン病喉頭ポリープシェーグレン症候群脂漏性湿疹蕁麻疹スモン(SMON)脊髄炎接触皮膚炎全身性エリテマトーデス象皮病そばかす苔癬大腸炎高安病多発性筋炎椎間板ヘルニアテニス肘ネフローゼ脳炎白血病粃糠疹日焼け免疫不全症リウマチ熱

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副腎皮質ホルモン剤
ふくじんひしつほるもんざい

副腎皮質ステロイド剤ともいう。副腎皮質から分泌されるホルモン(副腎皮質ホルモン)には、鉱質コルチコイドと糖質コルチコイドの2種がある。鉱質コルチコイドにはアルドステロンとデオキシコルチコステロンがあり、糖質コルチコイドのおもなものはコルチゾンとコルチゾール(ヒドロコルチゾン)である。これらを製剤化したものが副腎皮質ホルモン剤である。初めにデオキシコルチコステロンが製品化されたが、1949年にコルチゾンがリウマチ様関節炎に応用され劇的効果が認められてからは、副腎皮質ホルモン剤の主流は糖質コルチコイドとなり、抗炎症剤として発展してきた。
 副腎皮質より抽出されたコルチゾンとコルチゾールの化学構造の究明によって合成が可能となり、1950年代にはコルチゾンの作用の増強を目標として多くのコルチゾンおよびコルチゾール誘導体が合成された。糖質コルチコイドの作用は糖の代謝に関係し、糖の新生を促進し末梢(まっしょう)での糖の利用を抑制する。また、タンパク質の分解を促進し、同化ないし合成を阻害する。糖質コルチコイドのもっとも重要な作用は抗炎症作用と抗アレルギー作用であり、抗炎症作用の強力なものが次々と合成された。プレドニゾロン、メチルプレドニゾロン、トリアムシノロン、デキサメタゾン、パラメタゾン、ベタメタゾンのほか、おもに外用だけに使われるものとしてフルメタゾン、フルオメトロン、フルドロキシコルチド、プロピオン酸ベクロメタゾン、フルオシノロンアセトニド、酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンなどがある。
 副腎皮質ホルモン剤は抗炎症剤ばかりでなく、免疫抑制剤として、また抗悪性腫瘍(しゅよう)剤(制癌(がん)剤)として白血病の治療のほか、ネフローゼ症候群やショックの治療などに内服および注射剤として応用される。外用では軟膏(なんこう)やクリームのほか、貼付(ちょうふ)剤(テープ)として、また眼科用では点眼液として使われる。効果も大であるが副作用も著しい。長期大量療法において、とくに重篤な副作用が問題となる。もっとも多いのが感染症の合併で、ついで消化性潰瘍(かいよう)が多くみられる。そのほか、糖尿病や急性副腎不全などもおこし、満月様顔貌(がんぼう)(顔が丸くなる)がみられる。[幸保文治]
『柏崎禎夫編『副腎皮質ステロイド剤の適応と使い方のコツ』(1990・医薬ジャーナル社) ▽市川陽一編『感染症における副腎皮質ステロイド薬適正使用指針』(2001・医薬ジャーナル社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の副腎皮質ホルモン剤の言及

【副腎皮質ホルモン】より

…副腎腺腫から多量のアルドステロンが分泌されると,原発性アルドステロン症となる。【関原 久彦】
[副腎皮質ホルモン剤]
 ホルモン剤としては,一般に糖質コルチコイドと鉱質コルチコイドをさす。副腎皮質ホルモン剤は,副腎皮質機能低下症の補充療法に用いられるが,抗炎症作用や抗アレルギー作用に着目して広領域の臨床に応用されるのがむしろ一般的である。…

※「副腎皮質ホルモン剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

副腎皮質ホルモン剤の関連キーワードウォーターハウス=フリードリクセン症候群ロイコトリエン受容体拮抗薬オズグッド=シュラッター病抗リン脂質抗体症候群ステロイド性骨粗鬆症酢酸ヒドロコルチゾン酢酸プレドニゾロン特発性大腿骨頭壊死アトピー性皮膚炎うるしかぶれ角膜ヘルペス自己免疫疾患ベタメサゾンクインケ浮腫要指示医薬品交感性眼炎陰部瘙痒症アジソン病皮膚外用薬虫刺され

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android