コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗅ぎ取る カギトル

デジタル大辞泉の解説

かぎ‐と・る【嗅ぎ取る】

[動ラ五(四)]
においを知覚する。そこから、あるにおいをかぎ分ける。「煙草のにおいを―・る」
その場の雰囲気などから感づく。「ただならぬ気配を―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぎとる【嗅ぎ取る】

( 動五[四] )
匂いを知覚する。
様子や雰囲気から秘密などを察知する。 「犯罪の匂いを-・る」
[可能] かぎとれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嗅ぎ取るの関連キーワードにおい犯罪匂い

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嗅ぎ取るの関連情報