コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビン

デジタル大辞泉の解説

びん【敏】

[名・形動]頭の働きや動作のすばやいこと。また、そのさま。「機を見るに

びん【敏】[漢字項目]

常用漢字] [音]ビン(漢) [訓]さとい とし
頭の働きがすばやい。さとい。「敏活敏感鋭敏過敏不敏明敏
行動・動作がすばやい。「敏捷(びんしょう)敏速敏腕機敏俊敏
[名のり]さと・さとし・すすむ・つとむ・と・はや・はやし・はる・みぬ・ゆき・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びん【敏】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
すばやいこと。頭の回転のすばやいこと。また、そのさま。 ⇔ 「機を見るに-な男」 「子は、神経少し-に過ぐ/十和田湖 桂月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

敏の関連キーワードハンチョウ/神南署安積班兵庫県神戸市灘区岩屋中町線路はつづくよどこまでも彼女が結婚しない理由たこやきマントマン玉藻刈る・玉藻苅るここでまっててね伊勢大鹿菟名子渟中倉太珠敷尊車にゆられて魯敏孫漂流記菟道貝鮹皇女明治文壇回顧かな書きの詩穴穂部皇子妄想代理人ダメおやじ百済大井宮訳語田宮うづまき

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敏の関連情報