(読み)ビン

デジタル大辞泉 「敏」の意味・読み・例文・類語

びん【敏】

[名・形動]頭の働きや動作のすばやいこと。また、そのさま。「機を見るにな人」
[類語]鋭敏機敏俊敏明敏賢い鋭いさと目聡い賢しい過敏敏感炯眼けいがん利口利発聡明怜悧れいり慧敏穎悟えいご英明賢明犀利さいりシャープ耳聡い耳が早い早耳地獄耳目が早い先見の明予覚飛耳長目気が利く嗅ぐ嗅ぎ付ける嗅ぎ出す嗅ぎ当てる嗅ぎ取る嗅ぎ分ける虫の知らせ虫が知らせる第六感予感直感ひらめき察知インスピレーションぴんとぴんと来る鼻が利く感じ取る気が付く

びん【敏】[漢字項目]

常用漢字] [音]ビン(漢) [訓]さとい とし
頭の働きがすばやい。さとい。「敏活敏感鋭敏過敏不敏明敏
行動・動作がすばやい。「敏捷びんしょう敏速敏腕機敏俊敏
[名のり]さと・さとし・すすむ・つとむ・と・はや・はやし・はる・みぬ・ゆき・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「敏」の意味・読み・例文・類語

びん【敏】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) すばやいこと。はしこいこと。機敏。頭の働きがすばやいこと。さといこと。また、そのさま。英敏
    1. [初出の実例]「照了深明謂之敏」(出典:勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章)
    2. 「機を見るに敏なる吾輩は」(出典:吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七)
    3. [その他の文献]〔論語‐学而〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android