コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗅ぐ カグ

デジタル大辞泉の解説

か・ぐ【嗅ぐ】

[動ガ五(四)]
鼻でにおいを感じとる。また、においのもとや種類を識別する。「花の香りを―・ぐ」
隠れた事実を探り知る。探り出す。「人の秘密を―・いでまわる」
[可能]かげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぐ【嗅ぐ】

( 動五[四] )
鼻でにおいを感じとる。 「花の香りを-・ぐ」 「においを-・ぐ」
隠れている物事を探る。 「他人の私行を-・いでまわる」
[可能] かげる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嗅ぐの関連キーワードキュウリグサ(胡瓜草)イソバレリアン酸ゴマギ(胡麻木)曾呂利新左衛門嗅ぎたばこノボせもん平方恭子飯塚千菜ロボットにおいかざむ見る目かぐ六境私行忍鎧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嗅ぐの関連情報