地獄耳(読み)ジゴクミミ

デジタル大辞泉の解説

じごく‐みみ〔ヂゴク‐〕【地獄耳】

人の秘密などをいちはやく聞き込んでいること。また、そういう人。
一度聞いたことをいつまでも覚えていること。また、そういう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じごくみみ【地獄耳】

人の秘密などをすばやく聞きつけること。また、そのような人。
一度聞いたら決して忘れないこと。また、そのような人。強記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じごく‐みみ ヂゴク‥【地獄耳】

〘名〙
① 一度聞いたことをいつまでも忘れないこと。また、そういう人。強記
※御伽草子・焔魔王物語(室町時代物語大成所収)(江戸初)「さしもぐさ悪しきとなれば地獄に聞きて忘れぬことぞ悲しき」
※雑俳・馬たらひ(1700)「それぞれに無筆な者は地獄耳」
② 他人の秘密などをすばやく聞き込むこと。また、そういう耳をもった人。
※俳諧・伊勢山田俳諧集(1650)長抜書「俗家も戒をたもち社あれ しつむべき事をおそるる地獄耳」
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)序幕「頼朝公から極楽寺へ、仏のための祠堂金、三千両納まったと、ちらりと聞いた地獄耳」
③ 聞いても決して外へもらさないこと。聞き捨てにすること。
※浄瑠璃・安倍宗任松浦簦(1737)一「此方(こっち)は構はぬお上の事、聞いたら聞捨地獄耳、外へ洩さぬ証拠には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android