コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢い/畏い/恐い カシコイ

1件 の用語解説(賢い/畏い/恐いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かしこ・い【賢い/畏い/恐い】

[形][文]かしこ・し[ク]
(賢い)頭の働きが鋭く、知能にすぐれている。利口だ。賢明だ。「―・くて聞き分けのいい子供」
(賢い)抜け目がない。要領がいい。「あまり―・いやり方とはいえない」「もっと―・く立ち回れよ」
恐れ多く、もったいない。
「おことばはまことに―・くて、なんとお答えいたしていいか、とみにことばもいでませぬ」〈賢治・北守将軍と三人兄弟の医者〉
神や自然などの超越的なものに対して、畏怖の念を覚えるさま。恐ろしい。恐るべきだ。
「わたつみの―・き道を安けくもなく悩み来て」〈・三六九四〉
尊い。ありがたい。
「―・き御蔭をば頼みきこえながら」〈・桐壺〉
すばらしい。結構だ。りっぱだ。
「おのが―・きよしなど」〈・三〉
都合がよい。運がいい。幸いだ。
「―・く京の程は雨も降らざりしぞかし」〈大鏡・道長下〉
(連用形を用いて副詞的に)程度のはなはだしいさま。非常に。盛大に。
「いと―・く遊ぶ」〈竹取
[派生]かしこげ[形動]かしこさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賢い/畏い/恐いの関連キーワード口賢い狡賢い手捷い捷い端近い目捷い悪賢い悍い聡いすばしこ・い

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone