コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利発 リハツ

デジタル大辞泉の解説

り‐はつ【利発】

[名・形動]《「利口発明」の意》さとく賢いこと。才知があって頭の回転が速いこと。また、そのさま。「利発な子供」
[派生]りはつさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りはつ【利発】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「利口発明」の意〕 賢いこと。頭の回転の速いこと。また、そのさま。 「小さいのに-な子」 「 -者もの
役に立つこと。有益なさま。 「 -なる小判を長櫃の底に入置/浮世草子・永代蔵 6
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

利発の関連キーワード俚・利・吏・履・理・痢・罹・裏・詈・里・離マージェリー フィッシャー利口・利巧・悧巧長ぐつ下のピッピ特許異議申し立て徳川忠長とお昌第三者割当増資メナンドロス吉野(2代)タークシン安田善次郎三五の十八イルテベル清少納言浮世草子萩原広道有利発行ヤマドリ村岡花子中井貴惠

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利発の関連情報