利発(読み)りはつ

精選版 日本国語大辞典「利発」の解説

り‐はつ【利発】

〘名〙 (形動)
① (「利口発明」の) 賢いこと。才知があって頭の回転の早いこと。また、そのさま。怜悧
※私用抄(1471)「大かた執筆の人は、下はいかにも利発にて、上はになりかへりて」
② 役に立つこと。有益であるさま。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)六「利発(りハツ)なる小判長櫃の底に入置」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「利発」の解説

り‐はつ【利発】

[名・形動]《「利口発明」の意》さとく賢いこと。才知があって頭の回転が速いこと。また、そのさま。「利発な子供」
[派生]りはつさ[名]
[類語]利口発明怜悧賢い鋭敏機敏俊敏明敏鋭いさと目聡い賢しい過敏敏感炯眼けいがん聡明慧敏穎悟えいご英明英邁賢明犀利さいりシャープ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android