コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外海[町] そとめ

2件 の用語解説(外海[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

外海[町]【そとめ】

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡,西彼杵半島南西部の旧町。炭鉱のある池島も含む。主集落は漁港の神浦(こうのうら)。鉱業のほか,農業,漁業も営む。黒崎地区には隠れキリシタンゆかりの集落がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そとめ【外海[町]】

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡の町。人口8312(1995)。西彼杵半島の南西部,長崎市の北西に位置し,南西部は角力(すもう)灘に面する。西方の海上に浮かぶ炭鉱の島池島も町域に含まれる。中心集落の神浦(こうのうら)は漁港で,神浦川の上流に神浦ダムがあり,長崎市へも給水している。1959年海底炭田池島炭鉱が出炭を開始して以来,従来の半農半漁の町から石炭産業主体に転換した。現在,就業者の約3割が石炭業に従事する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone