支(漢字)

普及版 字通「支(漢字)」の解説


常用漢字 4画

(旧字)
4画

[字音] シ・キ
[字訓] えだ・わける・ささえる

[説文解字]

[字形]
十+(又)(ゆう)。十は木の小枝。は手。小枝をもつ形で、枝の初文。〔説文〕三下に「竹の枝を去るなり。手に竹を持つに從ふ」とするが、すべて草木の枝をいう。〔詩、衛風、蘭〕に「(ぐわんらん)の(えだ)」とあるのが本義。すべて本幹より分かれたものをいい、〔詩、大雅、文王〕「本百世」とは宗族についていう。干支(かんし)は幹枝の意。十干を幹とし、十二支を枝とする。枝を以て支えるので、支柱・支持の意となる。

[訓義]
1. えだ、木のえだ。
2. わかれる、わける、はなれる。
3. ささえる、つかえる、のせる、たえる。
4. はらう、わけてあたえる。
5. 十二支の、み。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕 ササフ・ハカル・エダ・ヒトシ・ハルカ・ワヅカ・サス・アタル・タスク/三 サイクサ

[部首]
〔説文〕に(き)をこの部に属し、〔玉〕に別に三字を加えるが、ほとんど用例のない字である。は〔説文〕三下に「持ち去るなり」とするが、奇に傾くものの意があり、おそらく傾くものを支える意であろう。案とは見台をいう。

[声系]
〔説文〕に声として跂・・枝・伎・・技など二十三字を収める。おおむね分岐するもの、傾くものをささえるものの意があり、の声義を承けるものが多い。

[語系]
・枝・肢tjieは同声。翅sjieは声近く、獣には肢といい、鳥には翅という。*語彙は枝・肢字条参照。

[熟語]
支頤・支移支胤・支院・支運支裔・支応・支河・支解・支支骸支劃・支干・支給支頰・支局・支軍・支径・支計・支・支券・支遣支吾・支抗・支項支犒・支・支骨・支策・支散・支子・支指・支賜・支辞・支持・支借・支取・支・支酒支庶・支証支銷・支条・支親・支析・支節・支川・支銭・支属・支族・支体・支対・支待・支度支冑・支柱・支・支調・支綴・支途・支当・支・支那・支派支婆・支配・支排・支発支撥・支費支賓・支付支附・支分・支兵・支別・支弁支甫支輔・支放支俸・支本・支脈・支用・支離・支流・支領・支類支郎
[下接語]
燕支・干支・幹支・戟支・四支・収支・析支・度支・分支・本支・流支

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android