コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文禄慶長の役 ぶんろくけいちょうのえき

大辞林 第三版の解説

ぶんろくけいちょうのえき【文禄慶長の役】

1592年(文禄1)4月の釜山浦上陸をもって開始された豊臣政権による朝鮮侵略戦争。日本軍は緒戦で朝鮮正規軍を破ったが、朝鮮民衆の義兵闘争や明の救援軍の反撃にあい、翌年、明との間に停戦協定が締結された。しかし、それは日明両国間の和平条件の齟齬そごのために破れ、97年(慶長2)再開された戦闘は、翌年八月の秀吉の死に至るまで続いた。この侵略は朝鮮の国土・民衆に甚大な被害を与えたのみならず、過酷な軍役・徴発によって豊臣政権の基盤もまた動揺する結果となった。朝鮮側では壬辰じんしん・丁酉ていゆうの倭乱と呼んでいる。朝鮮出兵。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

文禄慶長の役の関連キーワード朝鮮出兵義兵闘争池内 宏豊臣政権景福宮白磁緒戦徴発翌年軍役朝鮮文禄

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文禄慶長の役の関連情報