コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 き age

翻訳|age

9件 の用語解説(期の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



age

地質年代区分の最小単位。地質年代層序区分のに対応し,階の形成期間をさす。世界的な標準区分ならびに地方的区分として用いられる。おもに化石によって区分される。 (→地質時代 )  

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き【期】

ある一定の期間。定められた時期。接尾語的にも用いられる。「少年」「第二工事」
時機。機会。「が訪れる」
age》地質年代の区分の最小の単位。世(せい)をさらに細分したもの。

き【期】[漢字項目]

[音](漢) (呉)
学習漢字]3年
〈キ〉
区切られた一定の時間。「期間期末会期学期漁期刑期次期周期初期前期長期定期冬期任期末期満期無期思春期四半期農繁期
決められた時点・日時。「期限期日延期死期時期納期
そうなることを予定する。「期待所期予期
一回り。一か月、または、一年。「期月期年
〈ゴ〉12に同じ。「一期最期末期
[名のり]さね・とき・とし・のり

ご【期】

とき。おり。期限。「このに及んで」
際限。限度。
「申すべきことは―もなく侍るを」〈大鏡・道長下〉
死ぬとき。最期。臨終。
「きのふより心も弱り身も苦しみて、さらに―を待つばかりなり」〈謡・土蜘蛛

ご【期】[漢字項目]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

期【き】

地質年代区分の最小の単位。世をさらに細分したもの。たとえば船川期。期に相当する地質系統

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

き【期】

ある一定の時期。期間。名詞や数詞に付いて、接尾語的にも用いられる。 「少年-」 「第三-」
〔age〕 地質時代区分の最小単位。世せいを細分したもの。たとえば、新生代第三紀中新世秋川期など。

ご【期】

〔呉音〕
とき。おり。時期。 「この-に及んで見苦しい振る舞いはしたくない」
臨終の時。 「今は-を待つばかりなり/謡曲・土蜘蛛」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説



age

地質時代を区分するときの時代単位の一つ。世を細分する単位で、時間層序区分単位の階に対応する。たとえば、新生代第四紀は更新世と完新世に分けられるが、更新世はさらに、前期、中期、後期に分けられる。
 また、気候層序編年では「氷期」「間氷期」といった術語が用いられ、また古地磁気編年法では「松山逆磁極期」「ブリューヌ正磁極期」のように「期」が用いられる。[小澤智生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

期の関連キーワード

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

期の関連情報