目に染みる(読み)めにしみる

精選版 日本国語大辞典「目に染みる」の解説

め【目】 に 染(し)みる

に水やなどがはいって痛く感じる。
滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「天窓(てんてん)からお湯(ぶう)を浴ては今のやうに目へ染(シミ)ます」
② 目の奥底までとどくくらいに、姿、形、景色などがあざやかで印象深く思われる。
※評判記・役者大鑑合彩(1692)荒木与次兵衛「太鞁つづみ本間の狂言めにしみておもしろし」
③ 見慣れて十分目の底にしみこむ。また、見慣れて古くさく思われる。
※舞正語磨(1658)上「このきりにも三四度此まはりをまはりけるは、目にしみて見たもなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「目に染みる」の解説

・みる

煙などが目を刺激する。「タバコの煙が―・みる」
色彩などがあざやかで、視覚を強く刺激する。「新緑が―・みる」
見慣れる。また、見飽きる。
「親しく―・みた民子のいたいたしい姿は」〈左千夫野菊の墓
[類語]絶妙上手素晴らしい巧みうまい巧妙老巧達者器用賢い素敵すてき見事みごと立派最高卓抜秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上出来上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無し天晴れナイスワンダフル・目の覚めるよう・冴える水際立つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android