目に染みる(読み)メニシミル

デジタル大辞泉の解説

目(め)に染(し)・みる

煙などが目を刺激する。「タバコの煙が―・みる」
色彩などがあざやかで、視覚を強く刺激する。「新緑が―・みる」
見慣れる。また、見飽きる。
「親しく―・みた民子のいたいたしい姿は」〈左千夫野菊の墓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めにしみる【目に染みる】

視覚を鋭く刺激する。色彩や印象が鮮やかなさまにいう。 「 - ・みるような青空」
見あきる。 「禿の木綿布子-・み/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

め【目】 に 染(し)みる

① 目に水やなどがはいって痛く感じる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「天窓(てんてん)からお湯(ぶう)を浴ては今のやうに目へ染(シミ)ます」
② 目の奥底までとどくくらいに、姿、形、景色などがあざやかで印象深く思われる。
※評判記・役者大鑑合彩(1692)荒木与次兵衛「太鞁つづみ本間の狂言めにしみておもしろし」
③ 見慣れて十分目の底にしみこむ。また、見慣れて古くさく思われる。
※舞正語磨(1658)上「このきりにも三四度此まはりをまはりけるは、目にしみて見たもなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目に染みるの関連情報