桜井[市](読み)さくらい

百科事典マイペディアの解説

桜井[市]【さくらい】

奈良県北部の市。1956年市制。中心市街は奈良盆地南東部にあり,近世は市場町,明治に桜井線が通じて木材集散地として発展。近鉄大阪線も通じる。宇陀山地,吉野地方の木材を集散し,製材・木工業などが第2次大戦後飛躍的に発展。農業は野菜・花卉(かき)・ミカン栽培。三輪そうめん,サンダル,グローブを特産。三輪山大神(おおみわ)神社多武峰(とうのみね)と談山神社文殊院と文殊院西古墳(特別史跡),茶臼(ちゃうす)山古墳,初瀬(はせ)の長谷寺,巻向山,山田寺跡(特別史跡)など史跡,古墳,名所が多い。98.91km2。6万146人(2010)。
→関連項目三輪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さくらい【桜井[市]】

奈良県中北部,奈良盆地南東部の市。1956年桜井町に大福,香久山の2村を編入,市制。人口6万3225(1995)。旧桜井町は初瀬川の谷口に位置し,古くから初瀬谷,宇陀山地,竜門山地後背地として発展した市場町であった。1893年桜井~高田間に鉄道(現,JR桜井線)が開通し,大阪への鉄道輸送が可能となったことから,山地からの木材の集散地として注目をあび,特に第2次世界大戦後に飛躍的な発展を遂げた。今日も桜井市製材業,木工業など,木材関係の事業所数が総事業所数の約半分を占めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android