コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜川[村] さくらがわ

1件 の用語解説(桜川[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さくらがわ【桜川[村]】

茨城県南部,稲敷郡の村。人口7871(1995)。霞ヶ浦南岸にあり,村域は霞ヶ浦沿岸の低地から筑波稲敷台地の東端にかけて広がる。東部の浮島は明治期までは霞ヶ浦に浮かぶ島で,古くは紀貫之の歌にも詠まれたが,大正期以降の干拓で地続きとなった。かつては早場米地帯で米作が中心であったが,近年は野菜の生産がふえている。れんこんの生産も多く,特産地として知られる。湖岸は水郷筑波国定公園に含まれ,浮島,南北朝期に北畠親房の拠った神宮寺城跡,天台宗の名刹神宮寺など史跡・名勝も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桜川[村]の関連キーワードあんば様牛久茨城県立医療大学稲敷角田北茨城白石土浦南紀鹿嶋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone