歳(漢字)

普及版 字通「歳(漢字)」の解説


常用漢字 13画

(旧字)
13画

[字音] サイ・セイ
[字訓] とし・みのり

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
字の初形は犠牲を割く戉(えつ)((まさかり))の形。のちその刃部に(歩)を大小に分けてしるし、字形となった。従って今の字形は、戉+。〔説文〕二上に「木星なり」とし、に従って戌(じゆつ)声とするが、戌に従う字ではない。卜文に祭名として戉の字がみえ、のちの字形を用いる。戉は犠牲を宰割する意であろう。〔書、洛誥〕に「王、新邑に在りて烝・祭・す」とあって、古くは祭名に用いた。金文の〔毛公〕に「用(もつ)てし、用て(征)せよ」とあるのも祭祀の意。また卜辞や〔鼎(こつてい)〕に「來」、斉器の〔国差(こくさたん)〕に「國差、立事(事に(のぞ)む)の」のように、年歳の意とする。おそらく歳祭は、年に一度の大祭であったのであろう。木星を歳星といい、古い暦術と関係が深いが、歳星の知識は戦国期以後にみえる。

[訓義]
1. まつり、戉を以て肉を切って祭る。
2. とし、としつき、一年、年齢。
3. みのり、禾穀の成ること。

[古辞書の訓]
名義抄 トシ/是・今 コトシ/兩 フタトセ/昔 コゾ

[声系]
〔説文〕に声としてなど九字を収め、その声はだいたい(わい)と(かい)の二系に分かれる。と声義の関係は明らかでなく、擬声的な語が多いようである。

[熟語]
歳悪・歳晏・歳陰・歳課・歳華・歳会・歳隔・歳寒・歳旱・歳季・歳紀・歳禧・歳・歳久・歳凶・歳・歳饉・歳計歳月・歳歉・歳元・歳功・歳貢・歳光・歳更・歳候・歳歳・歳在・歳市・歳次・歳事歳時・歳首・歳酒・歳周・歳終・歳熟歳出・歳序・歳除・歳進・歳数・歳制・歳星・歳夕・歳節歳薦・歳旦・歳中・歳朝・歳調・歳豆・歳登・歳徳歳入・歳稔・歳破・歳晩歳費・歳尾・歳物・歳病・歳幣歳暮・歳・歳俸・歳報・歳豊歳末・歳満・歳夜・歳籥・歳余・歳飫・歳用・歳陽・歳暦・歳賂・歳臘
[下接語]
悪歳・晏歳・閲歳・往歳・改歳・隔歳・旱歳・冠歳・寒歳・忌歳・飢歳・期歳・餽歳・客歳・旧歳・去歳・虚歳・凶歳・頃歳・迎歳・倹歳・献歳・歉歳・玄歳・故歳・荒歳・候歳・曠歳・今歳・嗣歳・弱歳・旬歳・初歳・仍歳・穣歳・新歳・星歳・昔歳・積歳・千歳・徂歳・壮歳・早歳・卒歳・太歳・髫歳・齠歳・当歳・登歳・同歳・年歳・稔歳・半歳・万歳・晩歳・比歳・富歳・暮歳・芳歳・報歳・豊歳・毎歳・末歳・来歳・累歳・歴歳連歳

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android