コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石[町] しろいし

百科事典マイペディアの解説

白石[町]【しろいし】

佐賀県南部,杵島(きしま)郡の町。六角川下流の低地を占め,有明海に臨む。長崎本線が通じる。中心集落の秀津(ひでつ)はもと河港で,江戸時代からの干拓により内陸の農村中心地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しろいし【白石[町]】

佐賀県中央部,杵島(きしま)郡の町。人口1万4048(1995)。六角川中・下流南岸にあって,西は武雄市に接し,南東は有明海に面する。西端の杵島山付近の山地を除くと,筑紫平野の西端を占める沖積低地で,条里制の遺構が残る。海岸部は鐘松土居をはじめ近世以降の干拓地で,護岸を意味する搦(からみ)のつく地名が多い。主産業は農業で,米,麦と並んでれんこん,タマネギなどの栽培,イチゴなど施設園芸が盛ん。沿岸ではノリの養殖が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone