(読み)せき

精選版 日本国語大辞典「籍」の解説

せき【籍】

〘名〙
① 書きもの。文書。書物。〔周礼‐夏官・大司馬〕
戸籍
※続日本紀‐天平宝字五年(761)八月癸丑「一色親管百姓籍
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉五「籍は向ふに置て当分此方に寄留する者もあって」
③ 学校、団体、官庁などの一員として名前が記録されて、その資格を持っていること。
※権記‐長徳元年(995)一二月二五日「周頼朝経相等依恪勤、除削其籍已了」
※娼婦の部屋(1958)〈吉行淳之介〉「大学には籍が残っている筈だった」 〔漢書‐元帝紀〕
④ 名前を記した帳簿。名簿。
※文華秀麗集(818)上・書懐呈王中書〈仲雄王〉「君門九重未籍、閑臥窓樹晩鶯声」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「籍」の解説

せき【籍】

戸籍。「結婚してを入れる」
学校や団体の一員として名を連ねていること。また、その資格。「大学にを置く」

せき【籍】[漢字項目]

常用漢字] [音]セキ(漢) ジャク(呉)
書物。文書。「漢籍経籍史籍書籍珍籍典籍
所属する人や土地などを登録した公式の文書。また、その登録。「移籍学籍鬼籍戸籍国籍在籍除籍船籍僧籍地籍党籍入籍版籍復籍本籍
[名のり]ふみ・もり・より

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android