紀の川(市)(読み)きのかわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀の川(市)
きのかわ

和歌山県北部にある市。2005年(平成17)那賀(なが)郡の打田(うちた)、粉河(こかわ)、那賀、桃山(ももやま)、貴志川(きしがわ)の5町が合併、紀の川市として市制施行。北の和泉(いずみ)山脈と南の紀伊山地に挟まれ、中央部を東から西に紀ノ川が流れ、市の西部で貴志川が合流する。紀ノ川の北岸に沿ってJR和歌山線、国道24号が通じ、24号からは424号、480号が分岐する。古くから開けた地域で、古墳や条里遺構が残り、また名手市場(なていちば)などは大和(やまと)街道の宿場町として栄えた。果樹栽培を中心とした都市近郊農業が盛んで、ミカンなどの柑橘(かんきつ)類、カキ、モモ、キウイフルーツなどの生産が多い。また、工業団地もつくられ、住宅地が進み、和歌山市への通勤者が増えている。1993年には近畿大学生物理工学部が開学した。粉河寺は奈良時代創建の古刹(こさつ)で、『粉河寺縁起』は国宝、庭園は国指定名勝となっている。そのほか、鞆淵(ともぶち)八幡神社の神輿(しんよ)が国宝、同神社の本殿、三船神社の本殿、旧名手本陣妹背(いもせ)家住宅などが国指定重要文化財、紀伊国分寺跡、旧名手宿本陣が国指定史跡となっている。また市内には龍門山(りゅうもんざん)県立自然公園があり、一部は金剛生駒紀泉国定公園に含まれる。面積228.21平方キロメートル、人口6万2616(2015)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀の川(市)の関連情報