コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラン ガランGalland, Antoine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラン
Galland, Antoine

[生]1646. モンディディエ近郊
[没]1715. パリ
フランスの東洋学者。 1670~75年大使に随行してコンスタンチノープルに滞在,帰国後ルイ 14世に仕えて,写本や古コインの収集にあたる。『千一夜物語』の翻訳"Mille et une nuits" (12巻,1704~17) で知られる。『コーラン』の翻訳もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガラン【Antoine Galland】

1646‐1715
フランスの古銭学者,東洋学者。ルイ14世の任命でコンスタンティノープル(現,イスタンブール)に赴任する大使の随員となってトルコに行き,小アジアパレスティナメソポタミアエジプトギリシア等を5年間にわたり調査した。一時パリに戻り王立図書館古銭部に入ったが,再び1679年コルベールの命でド・ギュイラーグ新大使に随行してギリシアからトルコに入り,88年まで滞在し《メルキュール・ド・フランス》誌に〈コンスタンティノープル通信〉をたびたび寄稿した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のガランの言及

【アラジン】より

…中国のある町に住む貧しい寡婦の不良児が,魔物を駆使するランプと指輪を手に入れたため,異常な出世をするという筋。18世紀初めフランスの東洋学者ガランAntoine Gallandが初めてその《千夜一夜物語》に収めてから広く世界に流布し,人気ある物語となった。日本では《アラジンと不思議なランプ》として知られる。…

【アラジン】より

…中国のある町に住む貧しい寡婦の不良児が,魔物を駆使するランプと指輪を手に入れたため,異常な出世をするという筋。18世紀初めフランスの東洋学者ガランAntoine Gallandが初めてその《千夜一夜物語》に収めてから広く世界に流布し,人気ある物語となった。日本では《アラジンと不思議なランプ》として知られる。…

【アリ・ババ】より

…そのため盗賊たちに命を狙われるが,賢い女奴隷マルジャーナの機知と勇気により盗賊たちを滅ぼすという筋。18世紀はじめフランスの東洋学者A.ガランがその《千夜一夜物語》に入れたことで世界中に知られたが,《千夜一夜物語》の原本にしても,独立の写本にしても,アラビア語原典は見つからなかった。1908年にいたりマクドナルドDuncan B.MacDonaldが,オックスフォード大学のボドリー図書館所蔵の写本目録の中からその存在を確認し,10年に英国王立アジア協会の雑誌に原文を発表した。…

【オリエンタリズム】より

…それは,18世紀宮廷文化における新奇なものへの憧れやナポレオンのエジプト遠征(1798‐99)に際して見られたような異文明の遺産の略奪という形態が,オリエント文化の本質的理解の妨げになっているのかもしれない。文学においては,ガランによる《千夜一夜物語》の翻訳(1704‐17),モンテスキューの《ペルシア人の手紙》(1721),ボルテールの《マホメット》(1741)などがその早い例で,啓蒙主義的文明批評のにおいが強かったが,しだいにエキゾティシズムに傾いてゆく。ユゴーの《東方詩集Orientales》(1829),ラマルティーヌの《東方紀行》(1835)などがロマン主義文学者による代表例である。…

【千夜一夜物語】より

…1517年にマムルーク朝が滅亡したころは現在の形を整えていたものと推察される。18世紀初め,フランスのガランが初めてヨーロッパに紹介して以来,世界文学の名作の一つとなった。ガランは,アラジンアリ・ババなどアラビア語原典にない話も加えたが,日本ではこれらが最も知られるところとなった。…

※「ガラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガランの関連キーワード井上正継メイナール小林義信谷木因金木さなぶり荒馬踊キリシタン屋敷塩見政誠浄興寺徳川綱吉細川忠興

ガランの関連情報