コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉敷[市] くらしき

2件 の用語解説(倉敷[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

倉敷[市]【くらしき】

岡山県南部,高梁(たかはし)川下流域と児島半島の一部を占める市。1928年市制,1967年児島玉島の2市と合併。山陽本線新幹線伯備線瀬戸大橋線山陽自動車道,瀬戸中央自動車道などが通じる。
→関連項目伯備線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くらしき【倉敷[市]】

岡山県南部の市。1928年市制,67年児島市(1948市制),玉島市(1952市制)と合体。人口42万2836(1995)。山陽本線,山陽新幹線,国道2号線などが通る。市域は岡山平野西部,児島半島西部を占め,倉敷,児島,玉島水島の四つの中心がある。倉敷は高梁(たかはし)川が堆積した平野に農地開発が行われて発達した町で,17世紀に幕府の代官所が置かれて以来,備中の政治・経済の中心となり,倉敷川の両岸に問屋や蔵屋敷が集中し,それが地名の起源となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の倉敷[市]の言及

【児島半島】より

…中央部に瑜伽(ゆが)山蓮台寺,北側に熊野神社などの古社寺がある。現在,半島東部は玉野市,北東部は岡山市と児島郡灘崎町,西部は倉敷市に属する。児島(倉敷市)は本四連絡橋瀬戸大橋ルートの拠点をなす。…

【下津井】より

…備前国(岡山県)児島郡南端の港町。現在は倉敷市下津井。古くから海運・軍事の要地で,16世紀末には宇喜多氏の城砦があり,1606年(慶長11)岡山藩家老池田長政が近世城郭に改築してから町は大いに発展した。…

【玉島】より

…瀬戸内海に注ぐ高梁(たかはし)川の河口にある港町で,岡山県倉敷市に属す。この一帯は近世初頭までは海が湾入し,南に乙(おと)島,柏島が浮かんでいたが,高梁川の沖積作用と干拓によって陸繫化した。…

【当作歩方制】より

…幕末から明治期にかけて,備前児島半島の野崎浜(元野崎浜は倉敷市児島味野,東野崎浜は玉野市山田)でみられた特殊な地主小作制。野崎浜では1塩戸(1軒前)に3種類の当作人が存在し,それぞれ権利を意味する歩方が付与せられていた。…

【水島】より

…岡山県南部,倉敷市の中央南部臨海部にある新興市街地と工業地域を中心とする地区。近世に新田として干拓された地であるが,明治末から大正の高梁(たかはし)川改修により東高梁川が廃川となった地先に,第2次大戦末期に三菱重工業が航空機工場を建設し,廃川地を社宅用地とした。…

※「倉敷[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone