見得を切る(読み)ミエヲキル

  • みえ
  • を 切(き)る
  • 見得
  • 見得(みえ)を切(き)・る

デジタル大辞泉の解説

役者が見得の所作をする。
ことさらに自分の力を誇示するような態度・言動をする。また、いい所を見せようと無理をする。「よし、私が全部引き受けたと―・る」「『それくらいのことは』と社長の前で―・った手前がある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 芝居で、役者が見得(みえ)③のしぐさをする。また、そのような型にはまった動作をする。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉モダーンを語る「日本人は昔から芝居気があり野次性があって、要でも無い事に見えを切ったり」
② 自分を誇示するような態度をとる。ことさらに外観を飾る。
※当世花詞粋仙人(1832)「人目つくるのを、みへきる」
※家族会議(1935)〈横光利一〉「金など儲けるのは好かぬと見栄を切るよりも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android