得意満面(読み)とくいまんめん

四字熟語を知る辞典「得意満面」の解説

得意満面

得意気持ちが顔いっぱいにあふれること。

[活用] ―で・―だ。

[使用例] 私たち夫婦のこんな軽薄きわまる社交的な儀礼も、彼にとってまんざらでもなかったらしく、得意満面で[太宰治*親友交歓|1946]

[使用例] けんめいにモンペを仕立てあげると、翌朝、いかにも得意満面の顔付きで、それを穿いて台所へ降りてきた[井上友一郎*菜の花ざかり|1956]

[解説] 「満面」は顔中、顔全体のこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「得意満面」の解説

とくい‐まんめん【得意満面】

〘名〙 得意な気持が顔いっぱいにあふれること。
※別天地(1903)〈国木田独歩〉上「『どうだね、随分すばらしいだろう』と得意満面(トクイマンメン)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「得意満面」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android