八代(市)(読み)やつしろ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八代(市)
やつしろ

熊本県中部にある市。1940年(昭和15)八代、太田郷(おおたごう)の2町と植柳(うやなぎ)、松高の2村が合併して市制施行。1943年郡築(ぐんちく)村を合併したが、1950年に分村離脱。1954年八千把(やちわ)、高田、金剛(こんごう)の3村と1950年に分村した郡築村、1955年宮地村と日奈久(ひなぐ)町、1956年昭和村、1957年二見村、1961年竜峰(りゅうほう)村を編入。2005年(平成17)八代郡千丁町(せんちょうまち)、鏡町(かがみまち)、泉村(いずみむら)、坂本村(さかもとむら)、東陽村(とうようむら)を合併。西は八千代海に面し、東を宮崎県と接する広大な市域となった。八代駅でJR鹿児島本線と肥薩線(ひさつせん)、および第三セクターの肥薩おれんじ鉄道が接続し、新八代駅で九州新幹線と鹿児島本線が接続する。道路は国道3号、219号などが通じ、市域内で九州自動車道から南九州西回り自動車道が分岐する。名を『日本書紀』の八代県(あがた)に由来するこの市域は、八代海に没する日奈久断層線によって、九州山地北部と、以西の球磨(くま)川の形成した八代平野とに分けられる。低地では伝統的なイネ、イグサの栽培に加えて、トマト、メロンなどの施設園芸が大規模に行われており、明治中期に立地したセメント、酒造、パルプなどの工場が縮小しているなかにあって、農業が活発化している。また、晩白柚(ばんぺいゆ)(ザボンの一種)、ミカンを中心にした山間部の果樹農業も脚光を浴びている。旧八代町は、八代城(城代・熊本藩家老松井氏)の城下町で、城跡、松浜軒(しょうひんけん)(松井家の御茶屋。国指定名勝)などの旧跡が多い。1963年(昭和38)の新産業都市指定を契機に造成された八代臨海工業用地は、アルミサッシ工場などの進出をみたものの、その後の産業構造の転換なども災いして、工業都市八代市の再生までには至っていない。伝統工芸の高田焼(こうだやき)や宮地手漉(てすき)紙、舟出浮(ふなでう)きや海水浴を含めた海洋レジャー、温泉などを組み合わせ観光レクリエーションコースが数多く設定され、地域振興に努めている。八代神社(妙見(みょうけん)さん)の秋の祭礼の神幸行事(国指定重要無形民俗文化財、ユネスコの世界文化遺産)は、九州三大祭りの一つとして、多数の観光客を集めている。十三重石塔、医王寺(いおうじ)の木造薬師如来(にょらい)立像、明言院の木造毘沙門天(びしゃもんてん)立像は国指定重要文化財。面積681.36平方キロメートル、人口12万7472(2015)。[山口守人]
『『八代市史』全5巻(1970~1992・八代市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八代(市)の関連情報