叩き込む(読み)タタキコム

デジタル大辞泉「叩き込む」の解説

たたき‐こ・む【×叩き込む】

[動マ五(四)]
たたいて深く入れる。勢いよく打ち込む。「くさびを―・む」
乱暴に中へ入れる。ぶちこむ。「ろうへ―・む」
厳しく教え込む。しっかりと覚えさせる。「芸のいろはを―・まれる」「地図を頭に―・む」
[類語]助言教示訓示アドバイスコンサルティングカウンセリング指導導き教え手引き指南教授教育訓育教導補導ほどう善導誘掖ゆうえき鞭撻べんたつ手ほどき教習コーチ伝授する講義する講ずる仕込む育てる導く仕付ける教鞭を執る薫育教化教学文教育英教えるガイダンス手を取る示教指教徳育知育体育矯正薫陶入れ知恵洗脳感化徳化醇化啓発啓蒙

はたき‐こ・む【×叩き込む】

[動マ五(四)]
相撲で、はたきこみの技をかける。
粉などを、たたくようにしてよくつける。「おしろいを―・む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android