コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導く ミチビク

デジタル大辞泉の解説

みち‐び・く【導く】

[動カ五(四)]
道案内をする。案内して目的の所に連れていく。「車を迂回路に―・く」「客を席に―・く」
正しい方向に手引きをする。指導する。「生徒を―・く」「神に―・かれる」
物事がそうなるように働きかける。事柄をある方向へ動かす。「状況を有利に―・く」
答えや結論を引き出す。「結論を―・く」「解決方法を―・く」
男女の間を仲介する。手引きをする。
「よに忘れず恋しくのみおぼえさせ給へるに、仏―・き給へるにこそありけれ」〈落窪・二〉
[可能]みちびける

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みちびく【導く】

( 動五[四] )
案内をする。そこまで連れてゆく。 「奥の間に-・く」 「大御神たち船舳ふなのへに(=イテ)-・きまをし/万葉集 894
教える。手引きをする。 「子弟を-・く」
そうなるようにしむける。 「成功に-・く」
ある前提から答えなどを引き出す。 「結論を-・く」
[可能] みちびける

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

導くの関連キーワードスカラーポテンシャル阿呆に付ける薬なし売り崩し・売崩し自ら墓穴を掘るスチームパイプ社会の木鐸ペダゴジー導灯・導燈イアーゴ蒙を啓く衆生済度鼻涙管手引き排気管誤判断教誨師催眠術唱導師出囃子方便力

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

導くの関連情報