コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕込む シコム

デジタル大辞泉の解説

し‐こ・む【仕込む】

《「し」はサ変動詞「す」の連用形》
[動マ五(四)]
教えてしっかりと身につけさせる。しつける。「アシカに芸を―・む」「行儀作法を―・まれる」

㋐商売のために、商品を買い入れる。仕入れる。「値上がりを見越して大量に―・む」
㋑飲食店などで、料理の下ごしらえをする。また、料理を作ってたくわえておく。「開店前に―・む」
㋒必要な物を用意しておく。「地震に備えて非常食を―・んでおく」
知識・技術などを自分のものとする。「新しい情報を―・む」
工夫して中に納め入れて作る。「刀を杖(つえ)に―・む」
酒・味噌・醤油などをつくるために、原料をまぜて桶などの入れ物に詰める。「酒を―・む」
[可能]しこめる
[動マ下二]囲んで作る。垣などを巡らす。
「かまどを三重に―・めて、匠(たくみ)らを入れ給ひつつ」〈竹取

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しこむ【仕込む】

( 動五[四] )
技能や芸などが身につくよう、訓練・指導する。 「踊りを-・む」 「犬に芸を-・む」
飲食店や商店で、商品・材料を仕入れて商売の準備をする。仕入れる。 「おでんの材料を-・む」
準備して整えておく。 「一〇日分の食料を-・む」 「 - ・みに-・みし御企/浄瑠璃・先代萩」
巧みに、中に組み込む。 「杖に刀を-・む」
酒・醬油・味噌などを醸造するため、原料を混ぜ合わせて桶に詰め込む。 「酒を-・む」
ある場所で、知識・学問・技術などを身につける。 「留学して-・んだ知識」
[可能] しこめる
( 動下二 )
取り巻いて構えをつくる。垣などをめぐらす。 「かまどを三重に-・めて、匠たくみらを入れ給ひつつ/竹取」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仕込むの関連キーワードクレオパトラのわすれもの〓(○の中に田)ルージュナチュレ信濃のかたりべハーゲンベックさつま風来坊北のまほろばがんこ焼酎屋造り酒屋櫻井ルートキット白神のしずく豊後鶴御崎雪のかおり冷温仕込み三段仕込みさつま国分さつま木挽純黒無濾過米達磨ゆう牧場の夢

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仕込むの関連情報