向(漢字)

普及版 字通「向(漢字)」の解説


常用漢字 6画

[字音] コウ(カウ)・キョウ(キャウ)・ショウ(シャウ)
[字訓] まど・むかう

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
(けい)(窓の形)+口。口は(さい)、祝詞を収める器の形。窓は神明を迎えるところ。そこに神を迎えて祀った。〔説文〕七下に「北に出づる(まど)なり。宀(べん)に從ひ、口に從ふ」とし、〔段注〕に口を窓枠の形とするが、窓枠は(けい)の形にしるす。古く地下形式の住居は、中央に空庭を設けて光を取り、そこから横穴式に四方に房を設けた。その窓明かりを神明にみたて、月光の入るところを(明)として祀った。〔儀礼、士虞礼記〕「(しゆく)、從ひて(いうきやう)を(ひら)く」とは、その窓を開くことをいう。はその向(まど)に(郷)(むか)う意。姓に用いるときは、ショウの音でよむ。

[訓義]
1. まど、神明を迎えるまどの形、きたまど。
2. むかう、すすむ、むきあう、したう。
3. と通じ、さきに。

[古辞書の訓]
名義抄〕向 ムカフ・サキ・ナンナントス・イマシ・イタル・カミ・マサニ・ユクヘ/向來 イマシ・タダイマ〔字鏡集〕向 オモムク・ユクスヱ・マホル・イマシ・アツ・ムカフ・サキ・ムネ・イタル・マド・カミ・サキツカタ・サキニ

[声系]
は向(きよう)声。〔説文〕に載せず、後起の字。

[語系]
向・享・xiangは同声。獻()xianも声義に通ずるところがあり、向とはもと神明を迎える窓に享献を行うこと、その享献の場であった。

[熟語]
向隅・向者・向風・向物・向壁向慕・向来・向例・向学・向後・向上・向背向陽・向使
[下接語]
意向・一向・回向下向・外向・帰向・傾向・参向・志向・指向趣向出向・趨向・性向・対向転向・動向・内向・背向・偏向・方向・影向

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android